スポンサーサイト

  • 2014.08.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク


                

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク


                

らんちゅう(ランチュウ)の飼い方・育て方について

スポンサードリンク


                
JUGEMテーマ:日記・一般


らんちゅう(ランチュウ)の飼い方・育て方について

らんちゅうって知ってますか?

背びれがなくずんぐりとした魚体、

頭部の肉瘤の隆起などが特色となっているキンギョの一品種です。

(漢字では、蘭鋳、蘭虫、卵虫)

らんちゅうは、珍しいこと、他の品種よりもデリケートなことから

他のキンギョとは別格に扱われている金魚の王様ですが、

飼育には特別の注意がはらわれているのです。

歴史的には、らんちゅうは、ワキン(和金)からマルコを

介して品種改良され、江戸時代に日本で作成された品種です。

「キンギョの究極」とも言われ、その造形美を競うことから、

ニシキゴイとともに「泳ぐ宝石」と言われており、

1匹数十万円という高値もつくことから、各地の生産業者も

良質の品種、個体の生産にしのぎを削っているようです。

ところで、そんなランチュウの飼い方ですが、

1日汲み置きした水を用意してろ過装置のついたポンプのある

水槽の中に入れます。洗った石や砂利を下に敷きます。

好みで水草や、ランチュウが喜びそうなものをいれても良いようです。

餌は口が下にあるため浮揚性のものではなく、

沈降性のものを与えます(専用の餌が市販されている)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





スポンサードリンク


                

人気の通販情報



楽天で探す
楽天市場





selected entries
categories
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM