スポンサーサイト

  • 2014.08.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク


                

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク


                

いま読むなら、池井戸潤の銀翼のイカロスかな

スポンサードリンク


                
JUGEMテーマ:気になること
 





半沢直樹シリーズ第4弾!
 
「はっきり申し上げますが、御社にとっていまが─ラストチャンスです」
頭取命令で経営再建中の帝国航空を押しつけられた
東京中央銀行の半沢直樹が、500億円の債権放棄を求める再生タスクフォースと激突。
政治家との対立、立ちはだかる宿敵、行内の派閥争い。果たして半沢に勝ち目はあるか?
 
さて、

池井戸 潤(1963年6月16日[1] - )は、日本の小説家。
岐阜県出身。岐阜県立加茂高等学校から
慶應義塾大学文学部および法学部卒。

子どもの頃から、図書館にある国内外のミステリを
読み漁る日々を送り、特に江戸川乱歩賞受賞作は
必ず買って読むほどで、いつか自分で書きたいと
作家を志すきっかけになった。

池井戸潤のおすすめはこちら

スポンサードリンク


                

人気の通販情報



楽天で探す
楽天市場





selected entries
categories
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM